「すずめとヒヨドリの解放区」続き

「すずめとヒヨドリの解放区窓から来るもの(名古屋)」から移項。窓から来るすずめとヒヨドリとの交流と野鳥撮影など。cap / コピー君

2021年05月

 小雨が続いている。
0519nozoki1窓の外から声がする。「開店まだですか~」雨では虫は出ないし早めに開店してほしそうね。そのうちにわずかに開けた隙間に小さな眼がきらり…。0519nozoki2無理やり頭を出したチビさん「その狭い隙間では抜けなくなるよ!」スルリちゃんのような子ね~。0519taberuでもやっぱり開店は11時30分。大人に混じってチビさんも食べています。雨が続いてヒナたちは雨宿りしていますが毎度同じ風景です。
0519butiブッチーさんも少し元気を取り戻してきたかな…。明日は晴れるといいね~。

 ここ4日ほどヒヨドリ達は来ていない。ピーター夫婦ニコ夫婦と名前のない夫婦の3組は一斉に抱卵に入ったようです。卵が孵るのは2週間後くらいかな。7月半ばに旅に出るので時間の余裕はあまりない。窓のジュースが残っている。
0517tuyuhina 昨日は雨で巣立ちヒナもペンギンスタイルで雨を避けていた。親子とも雨宿りでひと休みしていた。0517kazi0517kazi2近所でボヤ騒ぎがあり消防車が来ていた。スズメ達はパトカーとか消防車のピカピカライトが面白いようでみんなで興奮して見ていた。野次馬ならぬ野次雀ですね~。
……
……0518sudati2

今日
は晴れていて巣立ちスズメも元気です。0518tibi010518iikoチビさんには花が似合うね
0518rusubanお父さんは虫捕りのお仕事で忙しいのでチビさんたちは保育園で遊んだりアワやヒエ、カナリアシードなどをポツリポツリと食べて留守番です。0517buti


傷心のブッチーさんはバルサさんやマスターとは目を合わせませんが野生の子だから自分で立ち直ってくれるでしょう。

 0515rusuban15日(土)は良い天気で巣立ちスズメ達も元気に遊んでいました。 0515musitori仲間がいるのでお父さんは保育園に預けて虫取りに行ってしまいました。チビさんたちは遊んでいましたがそのうち「お父さんがいない~」とみんなで外を見ていました。お父さんが迎えに来て1羽2羽と一緒に帰っていきますが、たまには子供のことを忘れて巣に帰ってしまうお父さんもいます。かみさんに「あんた子供は?」と聞かれて慌てて迎えに来たりします。…毎年こういうお父さんは居ますね。  05615ante2アンテナ2号君はアンテナがはっきりしてきましたね~。アンテナのある子は代々解放区に潜む忍びの「草」という役目です。何年も続いているようね。
0516amehina010516amehina0516amehina616日は朝から雨です。巣立ちヒナはお父さんが止めても待ちきれずに飛び出してしまいます。狭い巣の中で押し合いへし合いで育っていますから体がくっついても平気ですね。

0516buti傷心のブッチーさんはしばらくそっとしてほしいようね…。

スズメとの会話
ずっと前に「スズメとヒヨドリの解放区」の頃の話ですが。今の「スズメとヒヨドリの解放区・続き」にもう一度書きます。
やっぱり今頃5月のヒナが毎日来ていました。お父さんスズメはここに連れてくれば食べ物は充分あるし、自分はかみさんやまだ巣にいるヒナたちのために帰ってしまいます。ヒナたちは自分で食べられますし仲間たちもいるので安心して遊んでいます。…でもふと疑問がわいてきました。むきアワやヒエやパンなどだけを食べていていいのだろうか?と。
そこでお父さんスズメにお説教!「育ち盛りのヒナにこんなものだけ食べさせて、親は楽をしてそれでいいのだろうか?たんぱく質が必要じゃないのか!」…と。
黙って聞いていたお父さんスズメはプイッと出ていきました。しばらくすると1羽のスズメが飛び込んできました。さっきのお父さんです。口にはグニャグニャ動く緑色の青虫!それをこちらに突き出すように見せびらかします。言葉では言えないけど「おいら達は野生なんだよ!子供の育て方はわかっているぞ!」と言っていることはわかりました。
偉そうにお説教してごめんねと謝りました。解放区食堂はほんのおやつ程度だったのね。
日本のスズメは人間との付き合いは長く、言葉も理解しているようです。話せないだけですね。人間がいなくなるとスズメもいなくなるという話は確かです。岐阜県徳山村がダムの下に沈むことになって村民が出て行った頃、渓流釣りに行って村にいたのはカワラヒワばかりでした。1羽のスズメも見かけませんでした…。まだ畑には作物があったし虫も沢山いたのに人間がいないとここでは暮らせないと思うのかな。
スズメ達は朝5時の夜明けと共に親子で河川敷などへ遠征します。それから11時までの6時間は虫を取ったり草の実や柳の新芽などを食べたりして11時半ころに解放区食堂に戻ってきます。11時30分から6時30分の7時間はここのメニューで楽しんだり子供に与えたりして過ごします。閉店の6時30分になるとみんなはこちらを見て無言の圧力!カステラ投げあるよね~と。みんなにひとかけらでもあたるようにカステラをなげて機嫌よく帰ってもらう…今日も一日いい日だったかな~~。
さて今日14日までの写真。
0513anteアンテナチビさん1号
0513anbutiブッチーさんびっくり~
0513osanai昨日の幼い子
0514kawamuki2日目のチビさんはカナリアシードの皮を剝けました
0514mizu今日はとっても暑いのでお水をゴックン!
0514hatuhuna今日の巣立ちヒナ
0514ante2アンテナ2号登場!

ブッチーさんには勝手に期待してプレッシャーかけすぎたようね。マイペースでいいよ…。

0512hinatati 今日も午後からは順調に巣立ちヒナが来ます。 0512oyako0511oyako01よく育った子やまだ幼めの子など親によって方針が違います。  0511antena解放区伝統のアンテナヘアーのチビさんも登場。まだアンテナというには小さすぎるけどもう少し成長すればわかるかな。  0512piter ピーターさんは縄張りパトロール「皆の者変わりはないか!」順調ですよ~ところでピーターさんとこはまだですか! 0511nikosan (1) ニコさんはスズメのヒナを見て可愛いね!という表情。ヒヨドリ達はかみさんも来るからまだ抱卵していないようね。来月かな。

0512tukareブッチーさんは何度も来てヒエやアワを食べてからこちらを向いて「カステラ頂戴」と請求、大きめをあげるとくわえて一直線に帰ります。今日はもう何回目かな~。まだかな~と待ち遠しいのは全国の?ブッチーフアンも待っているよ~。

0509hoiku 0509kazega9日(日)風が強くてスズメ達は苦労していました。 0509kyoudai2羽一緒に巣立ちさせるお父さんもいます。この兄弟はよく育っていますね。このくらい成長させてから巣立ちさせた方が安心ですね。0509hina2昨日は随分幼いヒナがいましたからね。ふたりでいれば心強いね。0509oyako元気が良すぎてお父さんごと食べられちゃいそうね~。 0509butiブッチーさんは忙しくてみどりの席も一瞬だけ。今日も何往復もしました。ヒエやアワやカナリアシードを腹いっぱい食べてかみさんにはカステラを持ち帰り~。もうそろそろ巣立ちではないかとワクワクしています(^▽^)~♪…

ここまでは昨日の分。さて…今日は?

 巣立ちヒナはぼちぼちかな~。近くのお寺の2組は何羽か連れてきているが巣が遠い組はまだまだのよう。 0508keikai今日いつものスーパーで鳥用の買い物。台湾産パインを買ってきました。いつもはカットしたものですが丸のままというのもいいかな。あの災害にアメリカに次ぐ義援金を贈ってくれた台湾のパイン農家が困っているならみんなで買って役に立ちましょう。でも売れ残っているのですよ、フイリピン産に比べると倍以上の値段だからなのかな。糖度18ってめちゃ甘いよね。あとでヒヨドリ達にもおすそ分けします。食堂に置いたらスズメ達は警戒して半分は寄り付かない…警戒心が強いのは結構ですけど…。 0508pain00「マスターの狙いはこうでしょう~♪」とかしこいブッチーはちゃんとポーズをしてくれます。いい子ね~カステラあげるよ。  0508anoneブッチーさんは初めての子育てで戸惑うことばかりのようね。ニコさんにいろいろ聞いてみたいね。一時は痩せてしまったブッチーさんは体力が戻ってきたみたいね。0508tibi0507tibisan今日のヒナは色が黒いね、屋根の瓦の隙間で汚れているのかな。

午後からは巣立ちヒナが来そうですので、写真は追加するかも…。

 0506sudat00i5日は一日中雨で巣立ち禁止令が出たようですね。開けて6日は好天で巣立ち日和です。巣立ち3日目の子はもうひとりで来ます。 0506suzuhiyoエサも自分で食べられますからお父さんがここで待っていなさいと言うとちゃんと待っています。ヒヨドリも怖くはありません。愛想はいいようですね。 0506souguuブッチーさんは知らん顔していました。 0506oyako02自分で食べられるけどお父さんに貰うとうれしいね。0505darenokoひとりでいるときはおじさんたちは親切に…してくれませんね。 0505butiブッチーさんがカステラを要求するようになった。テーブルの下に投げてくれると確実にくわえられるから投げてね‼という合図。カステラくわえてビュッと飛んでいく。かみさんがもっと貰ってこい!ときびしいかもね~。そろそろ子どもが見られるかな~。

↑このページのトップヘ