「すずめとヒヨドリの解放区」続き

「すずめとヒヨドリの解放区窓から来るもの(名古屋)」から移項。窓から来るすずめとヒヨドリとの交流と野鳥撮影など。cap / コピー君

 古い写真も貼っていきます。
バルサ細工は彫刻刀とカッターナイフで作ります。本格的なバードカービングより簡単に出来ます。
アクリル絵の具で細部を描きこんでいくのも楽しいものです。親から早く離れた子雀はなんとなく寄り添ってきます。でもスズメ達がテーブルから突き落としたりいたずらするのでボロボロになりました。
barusaところで今日のお昼。親の心子知らず…って言うか。食欲には勝てませんね。

 「マスター顔が恐い!」…それはね君たちを守るために窓の外を睨んでいるからだよ。
 悪い奴が来ないか見張るのも疲れるなぁ~。
0318kaiten00

 猛禽を警戒するのは君達なんだけど…。
ランチタイムは待ち遠しいようですね。0311kaitenmati
ピータ君が彼女を連れてきた。0317kanozyo01
と思ったらまだ彼女じゃないのね~。喧嘩かよ~。
0317kenka02以前コピー君とヒヨチビサン♀も喧嘩ばかりだったけど2人でさくらの蜜吸いデートの後はコピー君が彼女を立てて食べ物も優先させていた。結婚すればかみさんを大事にするのがヒヨドリです。

0317barusaさて、猛禽退治の用意をしてみた。バルサ君におとりになってもらう。飛び込んできたところをタモでばっさり捕らえる準備ができたが、こういう日は敵も来ないものですね。笑い話ですめばいいのですが。

昨日夕方、また猛禽が襲いました。
スズメ達がパニックなので窓を振り返ると、前にも来たあいつです!一瞬で飛び去るので尻尾しか見えなかったがチョウゲンボウかシメのようです。「コラッ!」と怒鳴ったが間に合わない。誰かを持っていかれたようだ(~~) 。
 去年から3度目かな。いつも窓を見ているわけではないのでどうしょうもない。いつも見るのは憎たらしくも見事な尾羽の柄!!猛禽は美しくもあるけどスズメにとっては殺し屋です。

 かってヒヨドリのコピー君も旅の道中で襲われたらしく尻尾の羽は半分抜けた状態で帰ってきたことがある。その後ひどいPSTD(心的外傷後ストレス障害)になり回復に時間がかかりました…。
0317sonogo
 スズメ達は30分ほどは見かけませんでしたが、その後ケロッとして食事していました。誰かがいなくなったのに、この神経が君達を生き延びさせているのだろうね。

窓のカーテンで外から見にくいようにしたけどスズメ達も気をつけなければね。

通りがかりのチョウゲンボウだったら高層ビルから狙っていたのだろう。シメの奴だったら近所の神社かお寺などに巣を作られたら…近所のスズメは絶滅するからね~。
 これから繁殖シーズンに入るのに心配ごとは耐えない…。

 コピー君が亡くなってから解放区のはっきりしたボスはいませんでしたが今年はこの子が就任しそうです。顔つきをみるとまだ幼さが残っていますがきりっとした凛々しさもありますね。「ピータ君」と命名しました。0314pirta多分去年生まれでしょう、コピー君は6年間も来てくれました。最後の年を除いてその間年に3羽づつ子供を育てました。15羽は子供がいるはずなので、ひ孫くらいの感じですかね~。
いずれにしてもここに来る子たちは繋がりがあると思います。0314futariどうやら彼女もいるようだし可愛い子供をつれてきて欲しい。ヒヨドリは5月から6月に産卵子育てをして7月には旅に出ます。オレンジジュースとパンでランチ。おやつにカステラというのが毎日のメニューです。0315ppan

 代わり映えしない日です。スズもヒヨもまだ繁殖時期前で暇をもてあましているようです。お昼から何回か「おいしいものある?」と覗きに来ます。ヒヨドリは早咲きの桜や梅の蜜を吸ったりしています。
 甘党なので「カステラほしいな~」とあまえ上手です。恒例「カステラパクッ!」でスズメ達はうらやましそうです。油断するとくちばしから取られてしまうことも度々。スズメ達には別に分けて細かくしてあげているのですけどね。
0312hiyokasutera

 雨上がりの強風に鳥たちは苦労していた。カステラ欲しいなぁ~と思っているが遠慮して声に出さない。0311a

可愛いとこあるね。
パクッとくわえてご機嫌です。
スズメ達は「エコヒイキだ!」と怒りますけど。君達はパクッとキャッチできないからね~。
0311b0311c

0310obatano雨の日はスズ達と遊びながら思い出にひたる

 野鳥撮影は趣味ですが珍鳥を狙っている訳ではありません。
野山で野鳥と遊ぶのが一番楽しい…「野鳥に餌付けするな!」とエサカゴなどつけると批判する人もいますがちょっとしたおやつぐらいは許して欲しい。クルミの実を砕いてカゴに入れておくとほとんどの鳥は喜びます。

本名ミーシャことミーちゃんは小幡公園で6年間も付き合ってくれました。
0310mi01ミーちゃんのライバルのルリ坊とは追いかけたり一緒に冬越しをしました。このカゴはかっこよすぎてすぐに盗まれてしまいましたけどね。
ヤマガラやシジュウカラはもちろんお友達です。
0310miruribou
0310tomodati

 このあたりの皆さんのランチの時間は決まっているようで開店前から行列です。
窓を開けたとたん、飛び込んできたのはヒヨさんでした。0308hiyo 
この子は行列はしないでビルの上から見張っていたようです。
0308suzu02しかし数ではかないませんね。出かけて開店時間が遅れると皆さんはご機嫌が悪くなります。食べものがなくなるとどこかへ消えます。お昼寝かな。
 解放区ではこれから5月の繁殖シーズンになると毎日巣立ちヒナを連れてくるスズメのお父さんが見られます。
0308suzu01


↑このページのトップヘ